広告 工具・材料

【実機レビュー(動画あり)】マキタDF332DSMX-電動ドライバドリル

ode-DIYer

2児のパパであり、平日会社員、週末DIYer。 普段使いから子育てに役立つ物まで、生活をDIYで豊かにできるような情報を発信していけたらと思っております。

どうも。ode(@ode-DIYer)です。

今回はマキタ製の電動ドライバドリル『DF332D』のレビューをしていきます。(バッテリーセット品の場合は『DF332DSMX』)

最近電動工具でも主流になってきているブラスレスモーターを搭載しており、同系統のDF333Dと比べ、小型・軽量

ブラシ交換が不要などの省メンテのメリットもあり、10.8V電ドラの中でのハイエンドモデルとなっております。

ただ、上位機種なだけあってお値段はなかなか。

DIY使いとしては価格差までのメリットは正直感じにくい人が多いかなとの印象です。

揃えるなら、「少々価格が高くても性能が良いもの・最新のものが欲しい」という電動工具にはこだわりたい方にオススメしたい電ドラ。

良いものを持っているという所有欲もくすぐってくれます

(DIY仲間やブログ読者さん、SNSフォロワーの方々から「ブラシレス使ってるの?いいなぁ」とかもですね)

メリットデメリット
・同電圧品と比べパワフル
・小型化実現により取り回しが良い
・ブラシの交換が必要なく省メンテ
・所有欲を満たしてくれる
・価格が高い
・DIYちょい使いではメリットを感じにくい

まずはDF332Dについて

基本スペック

DF332D

まずはさらっと、『DF332D』の基本スペックから見ていきます

項目内容
最大トルク32N・m
バッテリ10.8V(スライド式)
クラッチ20段+直結
速度切替有り(2段階)
回転速度調整無段変速
回転方向正転・逆転
チャック仕様ワンスリーブチャック
ネジ締め本数480本(Φ4.1mm×38mm)
LED有り
ブレーキ機能有り
質量1.1kg(バッテリー込)

購入した『DF332DSMX』

DF332DSMX

今回購入したのは『DF332DSMX』。

バッテリーと充電器、ハードケースがセットになった商品です。

バッテリーは4.0Ahの大容量で、1回の充電で長時間の作業が可能なバッテリーが2個。

DF332DZ』は電ドラ本体のみ。バッテリーと充電器は別売りなので、既にバッテリーを持っている人向け。
購入の際にはご注意を。

  • 本体
DF332D本体
  • バッテリー(2個)
DF332DSMX_バッテリー
  • 充電器
DF332DSMX_充電器
  • No.2(+)ビット
DF332DSMX_ビット
  • 取扱説明書
DF332DSMX_取扱説明書
  • ハードケース
DF332DSMX_ハードケース

適合バッテリーについて

DF033D適合バッテリー

DF332D』に適合するバッテリーは以下の通り。

  • BL1015 (10.8V-1.5Ah)
  • BL1020B  (10.8V-2.0Ah) 残量表示付き
  • BL1040B (10.8V-4.0Ah) 残量表示付き ※DF332DSHS/DF332DSHX

「Ah」はバッテリーの容量を示しており数値が大きいほど、持ちが良くなる反面、上の画像の通り、サイズは大きくなります(当然重さも)。

上記バッテリーは他の電動工具とも共用でき、全部で120モデルと互換があります

総合カタログ/株式会社マキタ (makita.co.jp)

インパクトドライバーやクリーナーなど他の工具とバッテリーを共用し、電動工具本体だけ購入する。

のが、お買い物上手ってわけです。

バッテリーは高価だから、同じバッテリーの工具を揃えるのが経済的♪

価格

DF332D_持ってみた感じ

以下は10.8Vのマキタさんの電ドラ定価です。

型名DF332DDF033DDF333DDF030DF330D
定価本体のみ¥17,500¥8,800
(‐¥8,700)
¥10,800
(‐¥6,700)
¥8,400
(-¥9,100)
¥11,100
(‐¥6,400)
セット¥39,300※¥23,800
(‐¥15,500)
¥25,800
(‐¥13,500)
¥24,300
(‐¥15,000)
¥27,000
(‐¥12,300)

カッコ( )内の数値はDF033Dとの差額。セットはバッテリー×2、ハードケース。
※DF332Dのセットのみ、バッテリーが4.0Ah。その他は1.5Ahまたは1.2Ah。

上の表の通り、『DF332D』は10.8Vの他の電ドラと比べても倍近い価格となっており、中々手を出すには勇気がいります。

セット品になるとさらに価格差が広がってますが、これは付属のバッテリーの容量が他と違うため。

DF332D』は4.0Ahの大容量バッテリー、その他は1.5Ahのバッテリーが付属してます。

DF332Dの機能

クラッチ機能

締め付けトルクの最大値を設定できるクラッチリング。

DF332D』では20段の設定が可能になってます。

この辺りの機能は特に10.8Vの下位モデル(DF033DDF030D)との差は特に感じない

ちなみに、穴あけ時は「ドリルマーク」(直結)にリングを合わせて使用します。

変速機能

DF332D』には回転速度に関する機能として、速度切替(2段階)と無段変速の2つの機能があります。

速度切替(2段階)

本体上部スイッチで回転数を2段階(高速/低速)に切替可能。

高速:0~1500rpm

低速:0~450rpm

DF033Dは高速だと最大1700rpmなので、回転数はDF033Dよりも劣ってしまいます。

確かに回転数の幅が広い(最大値が大きい)と、作業効率が良かったり、ドリル径に合わせて適切な速度を設定できるとのメリットがありますが、DIYで扱うにそこまで気にする人は中々いないかと思いますが。

無段変速

こちらも今の電動ドリルドライバーには当たり前の機能となっている無段変速機能。

トリガーを引く力によってビットの回転速度を自由に調整できます。

そのため、ネジの打ち始めはゆっくり、ある程度入り込んだら速度を上げ、一気に締める。といった使い方ですね。

トリガーを引いた時のビット回転のリアクションも良く、速度調整しやすい電ドラかと。

正転・逆転機能

ビットの回転方向をワンタッチで切り替えられる機能で、ネジを締めたり/ゆるめたり。

DIYではネジを締めるのと同じくらいネジをゆるめる機会もたくさん。

切替スイッチはそれぞれ親指と人差し指の近くにあるので、片手で持ちながら切替可能。

慣れてくるとスイッチを見ずにカチカチ切替ながら作業できちゃいます。

正転・逆転スイッチを中間位置に設定するとトリガーにロックが掛かります。使わない時は中間位置にしておくと良いです。

LED

DF332D_LED

ビット方向を照らしてくれるLED。

トリガーを引くと点灯→トリガーを離してから10秒後ぐらいにLEDが消えます。

DF033DDF030DはLEDがポチっと付いてるだけですが、『DF332D』はLED用にボディが加工されており、ちょっとカッコよくなってる。

肝心のLEDとしての機能ですが、『DF332D』の方は広範囲を照らしてくれるがその分明るさとしては暗め。

DF033DDF030Dでは範囲は狭いが光が集中する分、明るめ。

となっておりますが、どちらが良いかはその時その時の状況によるってとこですね。

結果、カッコ良さなら『DF332Dw

実際に使ってみる

実際に木材へのネジ打ちと穴あけをしてみます。

使用木材作業サイズ評価

SPF
(ソフト)

下穴あけΦ3mm
(快適)
ネジ締め

Φ4.2mm×65mm


(快適)
Φ4.8mm×90mm
(問題なし)
穴あけΦ21mm穴
(快適)
ウリンネジ締めΦ4.2mm×45mm
(できはするけど)
穴あけΦ10穴
(快適)

SPF材(2×4):ソフトウッド

まずはDIYでもよく利用されるSPF材。材質は柔らかめで加工しやすい。

ネジを打つにも、ドリルで穴を開けるにも、それなりのパワーで十分。

下穴開け

ドリル径:Φ3.0mm

当たり前っちゃ当たり前ですが、SPFへの下穴あけは特に問題なし。
ガシガシあけていきましょう。

ネジ締め

使用したネジ:コーススレッド(Φ4.2×65mm)


使用したネジ:コーススレッド(Φ4.8×90mm)

下位モデル(DF033D)よりも若干パワーを感じるけど、この長さならやっぱりインパクトの方が快適かな

穴あけ

ドリル径:Φ21mm

これぐらいの穴あけならお手の物ですね。

ウリン:ハードウッド

ウッドデッキによく使用される木材。

別名アイアンウッドと呼ばれるほど硬い木材で、加工・ネジ打ちには相当のパワーが必要になる。

ネジ締め

使用したネジ:コーススレッド(Φ4.1×45mm)

DF033Dよりもすんなり入る感じではあるけど、やっぱりちょっとパワー不足感が否めない。

穴あけ

ドリル径:Φ10mm

アイアンウッドと言えど、この穴径なら問題なし♪

使ってみた感想

パワー(トルク)はDIY用途としては十分

DF332D_トルク値

DF332D』の最大トルクは32N・m。(カタログ値)

マキタの10.8V電ドラの中では最大パワーとなってます。

使ってみて確かにDF033Dよりもパワーは感じますが、劇的に!ってことはないです。(DF030Dと比べると結構違いは感じますが、、、)

軽量・安定した手持ち感

DF332D_重さ(4.0Ahバッテリー装着時)
大容量バッテリー(4.0Ah)装着時 ※セット品のバッテリー

バッテリーを装着したときの重さは1206gとDF333Dでは1260gなので、ブラシレスになった結果50gほど軽くなってます。

グリップの材質は安定のソフトラバー。

手への食いつき良しで、太さも細めとなっているため、手が小さい人でも握りやすい。


ちなみにセット品ではないですが小容量(1.5Ah)のバッテリーを取り付けると重さが1038gと200gほど軽量に

女性の場合だと、こちらの方が断然疲れにくく取り回しも良いですが、『DF332D』は1.5Ahバッテリーとのセット品が無いので、本体とバッテリーを別々に買う必要がありお財布には優しくないです。

※バッテリーをセットで買うと別々に買うよりも数千円単位で安いので。

なので、もし『DF332D』が欲しいけどというDIY女子へのオススメは『DF332D』は本体単体で買って、他のインパクトや掃除機などを1.5Ahバッテリーとのセット品を買う。ですね。

DF332D_重さ(1.5Ahバッテリー装着時)
小容量バッテリー(1.5Ah)装着時

私が使うなら小容量のバッテリー。別でセット品で買ったバッテリーがあるからそれ使う。

自分が使うなら4.0Ahでも大丈夫。

DF333Dと比べ小型

DF332DとDF333Dのサイズ比較

DF333Dをブラシレスモータにしたものが『DF332D』と考えてもらって大丈夫なわけですが。

DF332D』とDF333Dを並べてみると分かる通り、『DF332』の方が25mm短くなってます。

25mm??あんまり変わんない気がするんだけど。

実際手に取ってみると取り回しの違いに気づくと思うよ。

取り回しの良さもそうですし、狭いところでネジ締めをしたいときに電ドラが入る入らないの違いが出てきたり。

意外とこの25mmが効いてくる場面もあります。

騒音値はちょっと高め

空転時の騒音値は86dB。※当ブログ調べ

10.8V電ドラの中ではちょっと高めです。

日中であればそこまで気にする程の音ではないんですが、なるべく音は小さい方が。という方はDF030Dが良いかもしれません。

DF332D_騒音値

また、音質的にはプロ用に近い音がするため、作業していていい道具を使っているとの実感もあり、DIYが楽しくなるのはメリットですね。

使っていて楽しいのも意外と大事。

設定スイッチ

DF033Dでも書きましたが、トルクリングと正逆転スイッチはHiKOKIと比べてちょっと固め。

あくまでも比べたらわかる程度で、使い込んでいくうちに摩耗して柔らかくなっていく気もしますが。

DIY女子にはHiKOKIの方が扱いやすいかもです。

メリット/デメリット

以上、各機能と使ってみた感想からメリット・デメリットをまとめると

メリットデメリット
・同電圧品と比べパワーはある
・小型化実現により取り回しが良い
・ブラシの交換が必要なく省メンテ
・所有欲を満たしてくれる
・価格が高い
・DIYちょい使いではメリットを感じにくい

ラインナップ

DF332D』のラインナップは本体のみの『DF332DZ』とバッテリーとハードケースとのセット『DF332DSMX』

商品型式DF332DZDF332DSMX
バッテリー2個(4.0Ah)
充電器
ケースハード
その他(+)ビット(+)ビット
商品リンク Amazon
楽天
Yahoo
Amazon
楽天
Yahoo

まとめ

ということで、今回はマキタ10.8V電ドラの中での上位機種『DF332D』についてレビューしました。

電動工具では主流となってきているブラシレスモータを搭載しており、小型・省メンテはユーザーにとってメリット。

ちょっと価格が高くても性能が良いもの、カッコいいものを持っておきたいという方には選択肢になる一品と思います。

今からDIYを始める方や単にネジ締め/穴あけができればという方にはあまりオススメはしないかな。

それでも、見た目や動作音から良いものを使っている感は出るので、DIYを楽しむ意味ではいい電ドラだと思います。

それと、欲を言うなら、海外では展開されてるDF032D(『DF332D』のチャックが6角軸バージョン)が国内向けでも販売されれば完璧なんですけどね。

当サイトでの使用ツール一覧

【Wordpressテーマ】 Affinger6

豊富な機能で、上級者並みのブログデザインに簡単カスタマイズができちゃう有料テーマ。

 Affingerについて詳しく知りたい方はコチラ↓

AFFINGER6(WordPressテーマ)公式サイト

【画像編集ツール】Canva Pro

1億点を超える素材・テンプレートで画像加工・編集ができるオシャレ時短ツール。

Canvaについて詳しく知りたい方はコチラ↓

>>【投稿用の画像加工は何を使ってる?】canvaをオススメする理由


【DIY設計ツール】caDIY

専門知識不要。積み木で図面がかけるDIY設計ツール。

caDIYについて詳しく知りたい方はコチラ↓

>>【簡単DIY作図】積み木感覚で設計できるcaDIYとは?

  • この記事を書いた人

ode-DIYer

2児のパパであり、平日会社員、週末DIYer。 普段使いから子育てに役立つ物まで、生活をDIYで豊かにできるような情報を発信していけたらと思っております。

-工具・材料