DS12DA_実機レビュー

広告 工具・材料

【実機レビュー(動画あり)】HiKOKI製_DS12DA_電動ドライバドリル

ode-DIYer

2児のパパであり、平日会社員、週末DIYer。 普段使いから子育てに役立つ物まで、生活をDIYで豊かにできるような情報を発信していけたらと思っております。

どうも。ode(@ode-DIYer)です。

今回はHiKOKIの電動ドライバドリル『DS12DA』についてレビューしていきます。

プロ向けの電動ドライバドリルとしては最も安価な『DS12DA』。

最も安価とはいったものの、基本的にDIYの中で性能面で困ることはないと思います

が!!!DIY向けのFDS12DALと姿形と性能とほぼ同一なのに、『DS12DA』の方が価格が高い。

実際にどちらも使ってみて感じた差は、「色」。ぐらい。。。

ということで、『DS12DA』はどんな人にオススメかというと。。。

FDS12DALと同じ性能でも十分だけど、DIY向けってなんか信用できないよね。

とか、HiKOKIといえば緑、それ以外は認めん!!

という人。なかなか幅の狭いところになりそうです。

各型名をクリックすると本ブログ内のレビュー記事に飛べますので、他の機種のレビューも参考にしてください。

メリットデメリット
・価格が安い
・DIYには十分なパワー
・プロ向けを持ってる自信
・FDS12DALと同性能だけどDS12DAの方が高い
・長時間作業だと腕が疲れる

まずはDS12DAについて

基本スペック

まずはさらっと、『DS12DA』の基本スペックから確認しておきましょう

項目内容
最大トルク38N・m
バッテリ10.8V(スライド式)
クラッチ20段+直結
速度切替有り(2段階)
回転速度調整無段変速
回転方向正転・逆転
チャック仕様キーレスチャック
ネジ締め本数55本(Φ5.8mm×45mm)
LED有り
ブレーキ機能有り
質量1.1kg(バッテリー込)

購入した『DS12DA(NN)』

DS12DA_セット内容

今回購入したのは『DS12DA(NN)』で、電ドラ本体のみの商品です。

バッテリーは他のセット品の物を流用するため、今回は本体のみ。

バッテリーも必要という方は、『DS12DA(2ES)』(バッテリー2個付き)や『DS12DA(ES)』(バッテリー1個付き:Amazon限定)がオススメです。

フリマアプリで「DS12DA(2ES)」等のタイトルで出品されてたりしますが、中にはバッテリーは付属してないものもあるので注意です。フリマアプリで購入の際は、タイトル(型名)だけでなく商品説明欄も良く読むようにしましょう。

  • 本体
DS12DA_本体
  • 取扱説明書
DS12DA_取扱説明書

適合バッテリーについて

DS12DA_適合バッテリー

DS12DA』に適合するバッテリーは以下の通り。

「Ah」はバッテリーの容量を示しており数値が大きいほど、持ちが良くなる反面、上の画像の通り、サイズは大きくなります(当然重さも)。

HiKOKI10.8Vバッテリー互換
WEBカタログ - HiKOKI(ハイコーキ) (hikoki-powertools.jp)

HiKOKIの10.8Vスライドバッテリーは上の画像の通り他の電動工具とも共用でき、全部で10数モデルと互換があります

(上記画像の内、『DS12DA』で使うバッテリーと互換があるのは右半分。これらにプラスしてDIY向けが入ってきます)

インパクトドライバーやクリーナーなど他の工具とバッテリーを共用し、電動工具本体だけ購入する。

のが、お買い物上手ってわけです。

バッテリーは高価だから、同じバッテリーの工具を揃えるのが経済的♪

価格

以下はHiKOKI10.8Vバッテリーが使える電ドラの定価です。

型名DS12DAFDS12DALDB12DDDS12DD
定価本体のみ¥12,300¥8,800
(-¥3,500)
¥17,000
(+¥4,700)
¥19,000
(+¥6,700)
セット¥25,800¥17,900
(-¥7,900)
¥37,300※
(+¥11,500)
¥39,300※
(+¥13,500)

カッコ( )内の数値は『DS12DA』との差額。セットはバッテリー×2、ハードケース。
FDS12DALと『DS12DA』のセットバッテリーは1.5Ah。DB12DDとDS12DDのセットバッテリーは4.0Ah。

DS12DAの機能

クラッチ機能

20段のクラッチ設定機能を搭載。

木材の材質やネジの長さと太さに応じて細かく設定できます。

変速機能

DS12DA』はビットの回転速度を調節する機能として、速度切替スイッチと無段変速の2つを搭載。

速度切替(2段階)

本体上部スイッチで回転数を2段階(高速/低速)に切替可能。

高速設定で0~1,400rpm、低速設定で0~350rpmとちょっと回転数は少な目。

作業効率的には他の10.8V電ドラと比べてちょっと劣る感じですね、

無段変速

正転・逆転機能

ビットの回転方向を切り替えるスイッチ。

DIYではネジ締めと同じくらいネジを緩める機会があるため、なかなか使用頻度が高いスイッチです。

この『DS12DA』の切替スイッチですが、設定した感触がちょっとヌルっと。

マキタ電ドラやHiKOKIの電ドラでもDS12DDやDS12DBでは切り替えたときに「カチッ!」と、しっかりした感触があるのに対して、『DS12DA』では「ぽふ」ぐらい。

機能的に問題があるわけでは無いので、好みの話だけですが。

感触が柔らかい方が設定しやすくて良い

個人的にはしっかりとした感触があった方が好みだけど。

個人的にはしっかりとした感触があった方が好みですが、切替に力がいらない分DIY女子にはありがたいかもです。

LED

DS12DA_LED

他のHiKOKI電ドラと同じく足元にLEDを搭載。

FDS12DALと同じく、トリガーを引いてるときのみ点灯し、トリガーを離すとすぐに消えます。

DS12DDやDB12DD、マキタ電ドラではトリガーを離しても10秒ぐらいLEDは点灯したまま。

実際に使ってみる

実際に木材へのネジ打ちと穴あけをしてみます。

使用木材作業サイズ評価

SPF
(ソフト)

下穴あけΦ3mm
(快適)
ネジ締め

Φ4.2mm×65mm


(快適)
Φ4.8mm×90mm
(できはするけど)
穴あけΦ21mm穴
(快適)
ウリンネジ締めΦ4.2mm×45mm
(できはするけど)
穴あけΦ10穴
(快適)

SPF材(2×4):ソフトウッド

まずはDIYでもよく利用されるSPF材。材質は柔らかめで加工しやすい。

ネジを打つにも、ドリルで穴を開けるにも、それなりのパワーで十分。

下穴開け

ドリル径:Φ3.0mm

ネジ締め

使用したネジ:コーススレッド(Φ4.2×65mm)


使用したネジ:コーススレッド(Φ4.8×90mm)

90mmだとちょっとキツめ。

穴あけ

ドリル径:Φ21mm

この穴径なら全然問題なし!

ウリン:ハードウッド

ウッドデッキによく使用される木材。

別名アイアンウッドと呼ばれるほど硬い木材で、加工・ネジ打ちには相当のパワーが必要になる。

ネジ締め

使用したネジ:コーススレッド(Φ4.1×45mm)

入りはするけど、なかなかモーターに負荷がかかってる印象。

穴あけ

ドリル径:Φ10mm

この程度なら全然いけますね♪

使ってみた感想

パワー(トルク)はDIY用途としては十分

DS12DA_トルク値

DS12DA』の最大トルク値は38N・m。(カタログ値)

実際に使ってみてカタログ値ほどのパワーは感じないですし、DS12DDやDB12DDと比べてパワーは劣る印象。

それでも動画で紹介した通り、通常のネジ締めや穴あけには十分なパワーなのでDIY用として持っておく電ドラとしては悪くない。

が、FDS12DALと大差ない感じですし、これならFDS12DALの方が価格も安いし、いいんじゃないのと思います。

グリップ感は悪くないが、長時間作業は。。。

DS12DA_グリップ感

グリップ感はさすがのHiKOKI。ストレスなく持てるし、ソフトラバーの感触も良い。

DS12DA_質量

バッテリーを装着したときの重さは1122g、FDS12DALと比べると10gほど重たいが誤差レベル。

持っているとヘッド部分に重さを感じるため、長時間の作業だと腕に疲れを感じやすい。

軽さと疲れにくさを求めるならDB12DDがオススメ。

動作音は静か

空転時の騒音値は79dB。※当ブログ調べ

DIY向けの「FDS12DAL」と同レベルであり、10.8V電ドラの中では静かな方。

ご近所さんへの騒音が気になる方にとってはありがたい。

メリット/デメリット

以上、各機能と使ってみた感想からメリット・デメリットをまとめると

メリットデメリット
・価格が安い
・DIYには十分なパワー
・プロ向けを持ってる自信

・FDS12DALと同性能だけどDS12DAの方が高い
・長時間作業だと腕が疲れる

ラインナップ

DS12DA』の商品ラインナップは以下の通り。

DS12DA(NN)』:本体のみ

DS12DA(ES)』:本体とバッテリー(1個)、充電器、ハードケースのセット ※Amazon限定品

DS12DA(2ES)』:本体とバッテリー(2個)、充電器、ハードケースのセット

商品型式

DS12DA(NN)DS12DA(ES)DS12DA(2ES)
バッテリー1個(1.5Ah)2個(1.5Ah)
充電器
ケースハードケースハードケース
その他(+)ビット(+)ビット(+)ビット
商品リンク Amazon
楽天
Yahoo
Amazon
楽天
Yahoo
Amazon
楽天
Yahoo

まとめ

ということで今回はHiKOKIのプロ向け電動ドライバドリル『DS12DA』をレビューしました。

冒頭に書いた通り、DIY向け『FDS12DAL』との違いはほとんどないため、「DIY向けはなんか信用できない」、「HiKOKIは緑以外認めん!」という方以外は『FDS12DAL』でいいのかなと。

あとは、他の電動工具もHiKOKIで揃えていきたい方は、緑で統一した方が統一感はでますかね。

はい。以上です。

当サイトでの使用ツール一覧

【Wordpressテーマ】 Affinger6

豊富な機能で、上級者並みのブログデザインに簡単カスタマイズができちゃう有料テーマ。

 Affingerについて詳しく知りたい方はコチラ↓

AFFINGER6(WordPressテーマ)公式サイト

【画像編集ツール】Canva Pro

1億点を超える素材・テンプレートで画像加工・編集ができるオシャレ時短ツール。

Canvaについて詳しく知りたい方はコチラ↓

>>【投稿用の画像加工は何を使ってる?】canvaをオススメする理由


【DIY設計ツール】caDIY

専門知識不要。積み木で図面がかけるDIY設計ツール。

caDIYについて詳しく知りたい方はコチラ↓

>>【簡単DIY作図】積み木感覚で設計できるcaDIYとは?

  • この記事を書いた人

ode-DIYer

2児のパパであり、平日会社員、週末DIYer。 普段使いから子育てに役立つ物まで、生活をDIYで豊かにできるような情報を発信していけたらと思っております。

-工具・材料