FDS12DAL_アイキャッチ

広告 工具・材料

【実機レビュー(動画あり)】HiKOKI製_FDS12DAL_電動ドライバドリル

ode-DIYer

2児のパパであり、平日会社員、週末DIYer。 普段使いから子育てに役立つ物まで、生活をDIYで豊かにできるような情報を発信していけたらと思っております。

どうも。ode(@ode-DIYer)です。

今回はHiKOKI製の電動ドライバドリル『FDS12DAL』についてレビューしていきます。

HiKOKIと言えば緑ですが、今回ご紹介する『FDS12DAL』は紫に近い青色。

(HiKOKIではプロ向けが緑、DIY向けが青紫、と住み分けされてます)

DIY向けと言えど、良く行うネジ締めや穴あけには十分な性能をお持ちの『FDS12DAL』。

90mmなどの長いコーススレッドや、径の大きい穴を開ける等パワーが必要な場面では若干のパワー不足を感じるものの、大半のDIYではコレ一台でも事足りると思います。

また、10.8Vの電ドラの中では低騒音となっており、ご近所さんへのご配慮が・・・という方でも安心。

性能的にはプロ用と比べてしまうとかわいそうですが、安価な分、DIYをこれから始める方、DIYは年に数回程度というライトユーザーの方にオススメできる電ドラとなってます。

各型名をクリックすると本ブログ内のレビュー記事に飛べますので、他の機種のレビューも参考にしてください。

メリットデメリット

・とにかく安い
・プロ用と同機能品
・設定スイッチが柔らかい
・音が静か

・本体のみのラインナップが無い
・色の好みが分かれそう

まずはFDS12DALについて

FDS12DAL_外観

基本スペック

まずはさらっと、『FDS12DAL』の基本スペックから確認しておきましょう

項目内容
最大トルク38N・m
バッテリ10.8V(スライド式)
クラッチ20段+直結
速度切替有り(2段階)
回転速度調整無段変速
回転方向正転・逆転
チャック仕様キーレスチャック
ネジ締め本数55本(Φ5.8mm×40mm)
LED有り
ブレーキ機能有り
質量1.1kg(バッテリー込)

購入したFDS12DAL(2ES)

FDS12DAL(2EL)

今回購入したのは『FDS12DAL(2ES)』。

FDS12DALのラインナップはこの『FDS12DAL(2ES)』(バッテリー2個付属)のみとなっているため、バッテリーは持ってるけどという方は予備のバッテリーということで持っておいてもいいかと。

フリマアプリで出回っていることも多いですが、バッテリーを外して出品されてるものも多いので、商品説明をよく読んで購入しましょう。

  • 本体
FDS12DAL_本体
  • バッテリー(2個)
FDS12DAL_付属バッテリー
  • 充電器
FDS12DAL_付属充電器
  • No.2(+)ビット
FDS12DAL_付属ビット
  • 取扱説明書
FDS12DAL_取扱説明書
  • ハードケース
FDS12DAL_ハードケース

適合バッテリーについて

HiKOKI10.8V用バッテリー

FDS12DAL』に適合するバッテリーは以下の通り。

「Ah」はバッテリーの容量を示しており数値が大きいほど、持ちが良くなる反面、上の画像の通り、サイズは大きくなります(当然重さも)。

HiKOKI10.8Vバッテリー互換
WEBカタログ - HiKOKI(ハイコーキ) (hikoki-powertools.jp)

HiKOKIの10.8Vバッテリーは他の電動工具とも共用でき、全部で十数モデルと互換があります

(上記画像の内、『FDS12DAL』で使うバッテリーと互換があるのは右半分。これらにプラスしてDIY向けが入ってきます)

電動工具を集めていきたい場合はバッテリーを共用し、電動工具本体だけ購入するのが、お買い物上手ってわけです。

バッテリーは高いから、バッテリーを毎回買わないで済むのは嬉しい♪

価格

以下は10.8Vバッテリーが使えるHiKOKIさん電ドラの定価です。

型名FDS12DALDB12DDDS12DDDS12DA
定価本体のみ¥17,000¥19,000¥12,300
セット¥17,900¥37,300※
(+¥19,400)
¥39,300※
(+¥21,400)
¥25,800
(+¥7,900)

カッコ( )内の数値は『FDS12DAL』との差額。セットはバッテリー×2、充電器、ハードケース。
※『FDS12DAL』とDS12DAのセットバッテリーは1.5Ah。DB12DDとDS12DDのセットバッテリーは4.0Ah。

FDS12DAL』は本体のみの取り扱いは無いが、バッテリー2個ついて定価¥17,900は破格。

バッテリー(BSL1215)の定価が¥7,200で×2、充電器(UC12SL)が¥6,900で、足すと『¥21,300

これに本体とハードケースが付いて、、、ん?計算ミスった?と思うレベルです。

FDS12DALの機能

クラッチ機能

FDS12DAL』は20段のクラッチ設定機能を搭載。

使う木材やネジの太さ・長さに応じて細かく設定可能です。

ちなみに、「ドリルマーク」(直結)にリングを合わせるとクラッチ機能が解除されるので、穴開け時には「ドリルマーク」に設定してあげます。

「ドリルマーク」に合わせたままネジ締めをすると、ネジが木材にめり込んでしまう事態に。ネジ締めの前にはクラッチ設定を確認しましょう。

「確認しましょう」って偉そうに言ってるけど結構やらかしてない?

だからこそ皆さんも注意してもらいたいですね。(開き直り)

変速機能

FDS12DAL』にはビットの回転数を調整する機能として、速度切替と無段変速の2つを搭載。

速度切替(2段階)

本体上部スイッチで回転数をHIGH側に設定すれば高速、LOW側に設定すれば低速モードに。

ちなみに回転数は高速設定で0~1,400、低速設定で0~350といずれもちょっと回転数少な目かな?との印象です。

無段変速

トリガーを引く力によってビットの回転数を調整できる機能が「無段変速」です。

トリガーを引き始めてからビットの回転までトリガーに若干の遊びがあるのはHiKOKI仕様。

DIY向けだからと言って特に気になるような点は無し。

正転・逆転機能

ビットの回転方向(正転/逆転)を切替られるスイッチ。

ネジ締めたり緩めたりするときにカチカチ切り替えて使うわけですが。

この『FDS12DAL』とHiKOKIのDS12DAに関しては、スイッチがちょっと緩い気が。。。

マキタの電ドラや、HiKOKIの中でもDS12DDやDS12DBは切り替え時にカチッ!カチッ!としっかりとした感触があるんですが、今回の『FDS12DAL』たちはちょっとヌルっとしてる。

「カチッ!」じゃなくて「ぽふ」ぐらいなわけですが、反対にスイッチ切替に力がいらないとも見れるので、正直好みだけかも。機能的に問題がある話ではないですし。

LED

FDS12DAL』ではLEDが点灯するのはトリガーを引いている間だけ。

トリガーを引いていくとまずLEDが点灯して、さらに引くとビットが回転。

トリガーを離すとすぐにLEDは消えてしまいます。※DS12DAも同じ

マキタではすべての電ドラ、HiKOKIの中でもDS12DDやDB12DDのブラシレスタイプではトリガーを引いた後も10秒ぐらいはLEDは点灯したままとなってます。

トリガーを引いてなくても、LEDは点灯してくれてた方が使いやすいかな。

実際に使ってみる

実際に木材へのネジ打ちと穴あけをしてみます。

使用木材作業サイズ評価

SPF
(ソフト)

下穴あけΦ3mm
(快適)
ネジ締め

Φ4.2mm×65mm


(快適)
Φ4.8mm×90mm
(できはするけど)
穴あけΦ21mm穴
(問題なし)
ウリンネジ締めΦ4.2mm×45mm
(できはするけど)
穴あけΦ10穴
(快適)

SPF材(2×4):ソフトウッド

まずはDIYでもよく利用されるSPF材。材質は柔らかめで加工しやすい。

ネジを打つにも、ドリルで穴を開けるにも、それなりのパワーで十分。

下穴開け

ドリル径:Φ3.0mm

SPFへの下穴あけは特に問題なし。
ガシガシあけていきましょう。

ネジ締め

使用したネジ:コーススレッド(Φ4.2×65mm)


使用したネジ:コーススレッド(Φ4.8×90mm)

長さが90mmの方だとパワー的にキツい。数本止めるぐらならいまだ、でもモータに負担をかけてしまってるからよろしくない。

穴あけ

ドリル径:Φ21mm

他の電ドラと比べるとちょっとパワー不足感は否めない。

ウリン:ハードウッド

ウッドデッキによく使用される木材。

別名アイアンウッドと呼ばれるほど硬い木材で、加工・ネジ打ちには相当のパワーが必要になる。

ネジ締め

使用したネジ:コーススレッド(Φ4.1×45mm)

モータがだいぶ頑張ってる感。

穴あけ

ドリル径:Φ10mm

ハードウッドでもこの程度の穴径なら全然大丈夫♪

使ってみた感想

パワーは他の電ドラと比べちょっと劣るが

FDS12DAL_トルク値

FDS12DAL』の最大トルク値は38N・m。(カタログ値)

他の電ドラと比べると数値的には高い方ですが、実際に使ってみて感じたのは数値ほどパワーを感じない

ただ、通常の作業では快適に使えるパワーであることは間違いないので、長いネジを締める、ハードウッドを扱う場合は、別でインパクトを持っておくと良いでしょう。

安定した手持ち感

FDS12DAL_重さ

バッテリーを装着したときの重さは1104g。

ちなみにDS12DAは1122gなので、プロ用とほぼ同じ重さ。

グリップの材質も形状もプロ用と同じとなっているため、DIY向けだからといって材料をケチっている感は全くなく、手に馴染みやすい電ドラになっている。

FDS12DAL_手持ち感

低騒音

FDS12DAL_動作音

空転時の騒音値は78dB。※当ブログ調べ

マキタ含め10.8V電ドラの中では静かな方。

マキタのDF030Dはパワー的にひと段階下になるので、このレベルのパワーを持った電ドラの中では最も静かかと。

安物の電動工具でたまにある耳を突くような嫌な音も無く、快適に使えます。

設定スイッチ

FDS12DAL_設定スイッチ類

マキタ電ドラの設定スイッチ類と比べて『FDS12DAL』含めHiKOKIの方がスイッチ類の設定が柔らかい印象。

最も分かりやすいのが正逆転スイッチ。

正逆転機能のところでも書いた通り、マキタはしっかり目に『カチっ!』、HiKOKIは『ぽふ』

クラッチリングについては言われてみればそうかもぐらいのレベルではあるものの、切替スイッチの『ぽふ』含め、DIY女子にとっては嬉しい気がします。(すいません女子ではないので推測ですが。。。)

メリット/デメリット

以上、各機能と使ってみた感想からメリット・デメリットをまとめると

メリットデメリット

・とにかく安い
・プロ用と同機能品
・DIYには十分なパワーと機能

・本体のみのラインナップが無い
・色の好みが分かれそう

ラインナップ

FDS12DAL』のラインナップは先に説明した通りバッテリー・充電器・ハードケースのセット『FDS12DAL(2ES)』のみ。

商品型式FDS12DAL(2ES)
青紫
バッテリー2個(1.5Ah)
充電器
ケースハードケース
その他(+)ビット
商品リンク Amazon
楽天
Yahoo

まとめ

ということで今回はHiKOKIのDIY向け電動ドライバドリル『FDS12DAL』についてレビューしました。

さすがにプロ用と比較するのはかわいそうと思ってましたが、プロ用にも引けを取らない性能。

よほどパワーを必要とする場面、通常のDIYではあんまり出くわすことのない場面でのみ、パワー面での非力感を感じることがあるかもです。

が、そこはやっぱり価格との折り合い。

定価では1万円台後半ですが、Amazonや楽天では1万円台前半で多く販売されており、かなりお得に入手できます

また、騒音値もマキタ製含め10.8V電ドラの中で静かな部類。

ご近所さんへの音が気になる方、これからDIYを始める方、DIYは年に数回程度という方にはピッタリな電ドラかもしれません

当サイトでの使用ツール一覧

【Wordpressテーマ】 Affinger6

豊富な機能で、上級者並みのブログデザインに簡単カスタマイズができちゃう有料テーマ。

 Affingerについて詳しく知りたい方はコチラ↓

AFFINGER6(WordPressテーマ)公式サイト

【画像編集ツール】Canva Pro

1億点を超える素材・テンプレートで画像加工・編集ができるオシャレ時短ツール。

Canvaについて詳しく知りたい方はコチラ↓

>>【投稿用の画像加工は何を使ってる?】canvaをオススメする理由


【DIY設計ツール】caDIY

専門知識不要。積み木で図面がかけるDIY設計ツール。

caDIYについて詳しく知りたい方はコチラ↓

>>【簡単DIY作図】積み木感覚で設計できるcaDIYとは?

  • この記事を書いた人

ode-DIYer

2児のパパであり、平日会社員、週末DIYer。 普段使いから子育てに役立つ物まで、生活をDIYで豊かにできるような情報を発信していけたらと思っております。

-工具・材料