DS12DD_(動画あり)レビュー記事

広告 工具・材料

【実機レビュー(動画あり)】HiKOKI製_DS12DD_電動ドライバドリル

ode-DIYer

2児のパパであり、平日会社員、週末DIYer。 普段使いから子育てに役立つ物まで、生活をDIYで豊かにできるような情報を発信していけたらと思っております。

どうも。ode(@ode-DIYer)です。

今回はHiKOKIの電動ドライバドリル『DS12DD』についてレビューします。

10.8V電ドラでDB12DDと同じくブラシレスモータを搭載した『DS12DD』。

ブラシ付モータであるDS12DAよりもコンパクトかつパワフル。

DS12DAと比べて、電ドラ本体で7,000円ほどお値段は張りますが、定期的なブラシ交換が不要であったり、省メンテナンス・長寿命はDIYerにとっては大きなメリット。

この辺りのメリットと価格を天秤にかけてDS12DAまたはFDS12DAとどちらを選ぶか。

ということで、『DS12DD』をオススメできる人は、これから先、ずっとDIYを楽しんでいきたい方

少々お高くてもいいから性能が高いものがいい、買うなら最新のものを選ぶという方

本ページでは実際に使用してみた動画も上げてますので、ぜひ参考にしてください。

各型名をクリックすると本ブログ内のレビュー記事に飛べますので、他の機種のレビューも参考にしてください。

メリットデメリット
・コンパクトなのにパワフル
・省メンテナンス
・最新機器
・価格が高い
・動作音が少々大きい

まずはDS12DDについて

基本スペック

まずはさらっと、『DS12DD』の基本スペックから確認しておきましょう

項目内容
最大トルク38N・m
バッテリ10.8V(スライド式)
クラッチ20段+直結
速度切替有り(2段階)
回転速度調整無段変速
回転方向正転・逆転
チャック仕様キーレスチャック
ネジ締め本数270本(Φ5.8mm×45mm)
LED有り
ブレーキ機能有り
質量1.1kg(バッテリー込)

購入した『DS12DD(2LS)』

今回購入したのは『DS12DD(2LS)』。

4.0Ahの大容量バッテリーが2個、充電器、ハードケースがセットになった商品です。

DS12DD(2LS)』はセット品のバッテリーは4.0Ah。1.5Ahのバッテリーを使いたい場合は別途購入する必要があります。

  • 本体
DS12DD_本体
  • バッテリー(2個)
DS12DD_付属バッテリー
  • 充電器
DS12DD_付属充電器
  • No.2(+)ビット
DS12DD_付属ビット
  • 取扱説明書
DS12DD_取扱説明書
  • ハードケース
DS12DD_付属ハードケース

適合バッテリーについて

HiKOKI10.8V_適合バッテリー

DS12DD』に適合するバッテリーは以下の通り。

「Ah」はバッテリーの容量を示しており数値が大きいほど、持ちが良くなる反面、上の画像の通り、サイズは大きくなります(当然重さも)。

上記バッテリーは他の電動工具とも共用でき、全部で10数モデルと互換があります

HiKOKI10.8Vバッテリー互換
WEBカタログ - HiKOKI(ハイコーキ) (hikoki-powertools.jp)

上の図の右半分が『DS12DD』と同じバッテリーが使用できる電動工具。左半分はバッテリーの形状が違うため注意が必要です。

価格

以下は10.8VバッテリーのHiKOKI製電動ドライバドリルの定価です。

型名DS12DDFDS12DALDS12DADB12DD
定価本体のみ¥19,000¥8,800
(‐¥10,200)
¥12,300
(‐¥6,700)
¥17,000
(-¥2,000)
セット¥39,300※¥17,900
(+¥21,400)
¥25,800
(‐¥13,500)
¥37,300※
(‐¥2,000)

カッコ( )内の数値は『DS12DD』との差額。セットはバッテリー×2、ハードケース。
FDS12DALDS12DAのセットバッテリーは1.5Ah。DB12DDと『DS12DD』のセットバッテリーは4.0Ah。

DS12DDの機能

クラッチ機能

ちなみに、穴あけ時は「ドリルマーク」(直結)にリングを合わせて使用します。

変速機能

DS12DD』にはビットの回転速度を変える機能として、速度切替(2段階)と無段変速の2つがあります。

速度切替(2段階)

本体上部スイッチで回転数を2段階(高速/低速)に切替可能。

無段変速

トリガーの引きが滑らかで回転速度の微。

正転・逆転機能

ビットの回転方向を切り替えられる機能。

電ドラを握った時の親指と人差し指付近にあるスイッチをカチカチ押しながら設定します。

FDS12DALDS12DAでは、このスイッチを押した感触が柔らかめ(ヌルっとしていて好みじゃない)とそれぞれのレビュー記事で記載しましたが、この『DS12DD』はしっかりと「カチっ!」とした感触がある。

DIY女子にはもしかしたらFDS12DALDS12DAの方が扱いやすいかもです。

LED

DS12DD

他のHiKOKI製電ドラと同じく『DS12DD』でも足元にLEDを搭載。

他の電ドラと異なる点はその点灯仕様。

FDS12DAL / DS12DA→→→トリガーを引くと点灯し、トリガーを離すとすぐに消灯

DS12DD』 / DB12DD→→→トリガーを引くと点灯し、トリガーを離したでも点灯継続→10秒後に消灯

正直どっちもどっち。離しても点灯してると便利な時もあるし、すぐに消えてもいいんだけどなって時もある。

実際に使ってみる

実際に木材へのネジ打ちと穴あけをしてみます。

使用木材作業サイズ評価

SPF
(ソフト)

下穴あけΦ3mm
(快適)
ネジ締め

Φ4.2mm×65mm


(快適)
Φ4.8mm×90mm
(問題なし)
穴あけΦ21mm穴
(快適)
ウリンネジ締めΦ4.2mm×45mm〇に近い△
(ほぼ問題なし)
穴あけΦ10穴
(快適)

SPF材(2×4):ソフトウッド

まずはDIYでもよく利用されるSPF材。材質は柔らかめで加工しやすい。

ネジを打つにも、ドリルで穴を開けるにも、それなりのパワーで十分。

下穴開け

ドリル径:Φ3.0mm

ネジ締め

使用したネジ:コーススレッド(Φ4.2×65mm)


使用したネジ:コーススレッド(Φ4.8×90mm)

穴あけ

ドリル径:Φ21mm

ウリン:ハードウッド

ウッドデッキによく使用される木材。

別名アイアンウッドと呼ばれるほど硬い木材で、加工・ネジ打ちには相当のパワーが必要になる。

ネジ締め

使用したネジ:コーススレッド(Φ4.1×45mm)

穴あけ

ドリル径:Φ10mm

使ってみた感想

10.8V電ドラの中では最強パワー

DS12DD_トルク値

DS12DD』の最大トルク値は38N・m。(カタログ値)

カタログ値ではDS12DAと変わりはないが、実際に使ってみか感触は『DS12DD』の方が強い印象

DIY使いとしては十分なパワーを持っており、ビス留め、穴あけはこれ一台にほとんど任せられる。

ひたすらハードウッドをネジ留めしたり、長ビスを打ったりする場合はインパクトをオススメする。

軽量かつコンパクトで取り回し良し

DS12DD_重さ(4.0Ahバッテリー装着時)

バッテリー(BSL1240M:4.0Ah)を装着したときの重さは1214g。

DS12DD_重さ(1.5Ahバッテリー装着時)

小容量のバッテリー(BSL1215:1.5Ah)を装着時は1048gとDS12DA(1122g)と比べると80gほど軽くなっている。

80gぐらいと思われがちかもしれませんが、実際に持ってみると明らかに『DS12DD』の方が軽く、長さも短いため扱いやすい。

DS12DD_DS12DAとの寸法比較

グリップの材質はソフトラバーで手への食いつき良しで、太さも細めとなっているため、手が小さい人でも握りやすい。

コンパクトで軽いのはDIY女子にはありがたい!

女子に限らず軽い方が腕が疲れにくいため、長時間使う人はブラシレスの電ドラは特にオススメ。

騒音値はちょっと大きいかな

DS12DD_動作音

空転時の騒音値は89dB。※当ブログ調べ

10.8V電ドラの中ではちょっとうるさい方。

ご近所さんへの騒音がどうしても気になる方はFDS12DALやマキタのDF030Dがよろしいかと思います。

ブラシレスモータで省メンテナンス・長寿命

DS12DD_ブラシレス

電ドラ本体に表記されている「e MOTOR」の文字。

これはブラシレスモータを搭載していることを意味しています。

ブラシ”レス”なのでブラシが無いモータ。

ブラシが無いことで何がいいの?というと省メンテナンス・長寿命のメリットがあります。

DS12DA等のブラシ”有り”モータの場合、中にブラシと呼ばれる部品が入っており、モータが回転すると徐々にそのブラシがすり減っていきます。

ブラシが完全にすり減ってしまうと、最悪の場合モータが焼損し、故障します。

そうならないためにも、ブラシのすり減り具合を定期的に確認し、交換する必要があります。

が、そんなん言われても。。。って感じですよね。

なのでそういったメンテナンスの手間を無くしてくれるのが『DS12DD』や「DB12DD」のブラシレスモータというわけです。

ブラシの交換忘れによる故障が無く、機械的な接点を持っていないことで故障しにくいといった、長寿命のメリットもあります。

メリット/デメリット

以上、各機能と使ってみた感想からメリット・デメリットをまとめると。

メリットデメリット
・コンパクトなのにパワフル
・省メンテナンス
・最新機器

・価格が高い
・動作音が少々大きい

ラインナップ

DS12DD』のラインナップは本体のみの『DS12DD(NN)』と大容量バッテリー(2個)が付いた『DS12DD(2LS)』。

バッテリーも欲しいなら『DS12DD(2LS)』がお買い得ではありますが、付属は大容量のバッテリー。

DIYライトユーザーなら正直そこまで容量は必要ないと思うので、本体のみの『DS12DD(NN)』と小容量バッテリー『BSL1215』を別で購入するのも1つの手です。

商品型式DS12DD(NN)DS12DD(2LS)
バッテリー2個(4.0Ah)
充電器
ケースハードケース
その他(+)ビット(+)ビット
商品リンク Amazon
楽天
Yahoo
Amazon
楽天
Yahoo

まとめ

DS12DD_グリップ感

今回はHiKOKIの10.8V電動ドライバドリル『DS12DD』をレビューしました。

ブラシレスということで少々お値段は張りますが、ブラシ交換の必要が無いのは大きなメリット。

(自分でブラシ交換ができればメリットにはなりませんが)

HiKOKI10.8Vのブラシレス電ドラは他にもDB12DDがあり、チャック仕様が違います。(DB12DDは六角軸チャック)

DS12DD』はチャック仕様がキーレスチャックとなっているため、ストレートシャンクのドリルビットを持っている人は『DS12DD』一択になると思います。

一時的にちょろっと使うだけならFDS12DALDS12DAでも性能はほぼ同等ですし、そちらで十分かと思いますが、

DIYが趣味、今からDIY始めるけどずっとDIYを続けていきたい方には、『DS12DD』は価格差を考えても良い選択肢になると思います。

当サイトでの使用ツール一覧

【Wordpressテーマ】 Affinger6

豊富な機能で、上級者並みのブログデザインに簡単カスタマイズができちゃう有料テーマ。

 Affingerについて詳しく知りたい方はコチラ↓

AFFINGER6(WordPressテーマ)公式サイト

【画像編集ツール】Canva Pro

1億点を超える素材・テンプレートで画像加工・編集ができるオシャレ時短ツール。

Canvaについて詳しく知りたい方はコチラ↓

>>【投稿用の画像加工は何を使ってる?】canvaをオススメする理由


【DIY設計ツール】caDIY

専門知識不要。積み木で図面がかけるDIY設計ツール。

caDIYについて詳しく知りたい方はコチラ↓

>>【簡単DIY作図】積み木感覚で設計できるcaDIYとは?

  • この記事を書いた人

ode-DIYer

2児のパパであり、平日会社員、週末DIYer。 普段使いから子育てに役立つ物まで、生活をDIYで豊かにできるような情報を発信していけたらと思っております。

-工具・材料