工具

【2021年版】DIYにおすすめ丸ノコ

2021年10月28日

DIYをするのに欠かせない丸ノコ。

ただいっぱい種類があるし、メーカーもいっぱいあって何を買ったらいいかわからない。

そんな方にDIY使いとしておすすめする丸ノコを紹介します。

DIY使いにオススメ丸ノコ

ずばり、おすすめする丸ノコはこちら。

HiKOKI FC6MA3

オススメする理由

  • 2×4材も手軽に切断可能
  • ベースがアルミ製のため、歪みにくい
  • ワンタッチで切り込み深さを調整可能
  • 振動が少なく、音もそこまでうるさくない
  • 信頼できるメーカー
  • 1万円を切る価格帯

一部プロ用に採用される仕様も搭載されており、DIYモデルとしては選択肢の上位になる機種。

コードタイプのため充電の手間も無く、パワーが落ちる心配も無し。

DIYで使うには十分満足できる機種になっています。

ただ、付属のチップソーの切れ味がそこそこな点。

これに関しては他のDIYモデルも同じようなものなので、よりこだわりたい方は、チップソーだけは購入後に交換することをおすすめします。

その他オススメ機種

その他、お勧めするとすれば、以下の機種を挙げます。

マキタ M565

オススメする理由

  • 2×4材が切断可能
  • ベースがアルミ製のため、歪みにくい
  • 電源コードが5mあり、取り回しのストレスが少ない
  • 直角の精度を出しやすい
  • 信頼できるメーカー

価格はHiKOKIのものより若干高くなります。

また、集塵機能がないため、ダクトをつなげたい人には不向き。

ただ、精度の面からするとHiKOKIよりも高いため、集塵機能が必要なく、予算が許す方はこちらの方がオススメ。

尚、こちらも付属のチップソーは切れ味はそこそこ。購入後に交換がおすすめ。

RYOBI MW-46

オススメする理由

  • 精度を必要としないのであれば十分
  • 6,000円弱で買え、安い
  • 軽いので扱いやすい

ただ、お値段相当です。

別に精度は必要ないという方で安く道具を揃えたいという方はこれがマッチすると思います。

DIYをこの先もやっていこうと思っている方は上記、HiKOKIかマキタの丸ノコをオススメします。

まとめ

以上、DIYにおすすめの丸ノコを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

機能が良いものを選び出すとキリがないですが、DIYでは正直そこまで必要ないよねというのが正直なところ。

扱いきれない機能を持った高価格な工具よりも、使える機能を持った工具を適切に選べればと思います。

皆さまのDIYのお役に立てれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ode-DIYer

2児のパパであり、平日会社員、週末DIYer。 普段使いから子育てに役立つ物まで、生活をDIYで豊かにできるような情報を発信していけたらと思っております。

-工具