DIYレシピ

【庭DIY_整地作業用】自作タンパーの作り方

2021年9月12日

庭のDIYの作業として最初に取り掛かりかつ最も重要なのが整地作業です。

その重要な作業で不可欠なのが地面の突き固めるのに使うタンパーですが、買うと中々のお値段がします。

タンパーは必要不可欠と言っても使うのは一度キリだろうし、その一度だけのために結構な出費は正直痛いです。

電動のタンパー?をレンタルしているホームセンター等もあるらしいですが、ちゃんと扱える自信ないし。

そんなことなら自分で作ってしまえばいいやないかという訳でタンパーを自作しましたので、その作り方を紹介します。

【庭DIYに】自作タンパーの作り方

必要スキル

切断スキル初級。ホームセンターにお任せでもOK♪
接合スキルねじ止めができればOK
塗装スキル(必要なし)
穴あけスキル(必要なし)

必要工具

  • 電動ドリル(電動ドライバー)
  • ノコギリ
  • 紙やすり(240番)

DIY初心者の方は「【これからDIYを始める方に】必要工具、便利工具をご紹介。」も参考にして下さい。

材料

  • ホワイトウッド 30mm角材 6F(1820mm):2本
  • SPF 1×12材 3F(910mm):1本
  • スリムスレッド(60mm):4本
  • スリムスレッド(35mm):2本
  • コンクリートブロック(基本:390mm×190mm×150mm):1個

設計図

完成図

タンパー完成図

木取り図

タンパー木取り図

作り方

木材カット

木取り図の通り、各長さにカットします。カット後に紙やすりで各木材をやすります。

組立

1×12材の上にブロックを載せ、ブロックの一番上の穴に190mmの木材を1本入れておきます。

190mmを取った残りの30mm角材でブロックの両脇を挟み、190mm材をねじ止めします。

タンパー組み立て方

残りの190mm材を上から大体200mmの位置にねじ止めします。

この位置は適当でOKです。

タンパー組み立て方

1×12材を30mm角材にねじ止めします。

先に表側で30mm角材の位置をペンでなぞり、中心に下穴を開けてから、裏からその穴にねじ止めすると、位置がズレずに簡単にねじ止めできます。

タンパー組み立て方

完成

以上で完成です。

正直一度しか使わないものですし、買うと結構なお値段なので、ちょっと手間ですが、お庭DIYの時には是非、タンパーから自作されてはいかがでしょうか。

タンパー完成写真

合わせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ode-DIYer

2児のパパであり、平日会社員、週末DIYer。 普段使いから子育てに役立つ物まで、生活をDIYで豊かにできるような情報を発信していけたらと思っております。

-DIYレシピ